にほんブログ村 アウトドアブログへポチッっと宜しく!

2007年08月29日

断酒が終わった其の日が月蝕の日

おはようございます!

gesyoku1.jpg
こんな写真1枚!
なんとか撮れているのは・・・・

少し・・・写真の勉強でもするか・・・
いやいや、あれもこれも・・・になって・・・・しまうぅ〜
posted by カズポン at 07:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

フォールディングナイフ製作シリーズ第五話

あっし(kazupon)のフォールディングナイフ(ロックバックナイフ)の製作の要領を
UPしてみようと、思い立ちましたが・・・
本当にあっしのような者が公共の面前でこのような正式でないかも知れないようなことを、書いていいのだろうか!?
・・・とは思いましたが、まあ〜 間違いがあれば素人の戯言だと思いお許しあれぇ〜と同時に何かの参考になる方がおられればいいかなぁと思いUPしますぅ〜


前回からの仮組みと噛合わせが終わりましたら
ブレードの製作です
ブレードのサムピース穴あけとブレードの削りを行います。
ブレードは一般と同じで、青ニスを吹いた鋼材にブレードの刃の中心厚をハイトゲージという道具で0.5〜0.3o厚にケガキ、ブレードの側面の削りラインを書き、60#120#240#400#位までレース台で削りを行います。
ブレード側面の削りはホローグラインドとフラットグラインドとがありますが
(日本刀のように、はまぐり刃なんてのもありますがあまりやらないというよりできない)
ホローグラインドをあっしたちは、レース台というエンドレスペーパーをセットした
25ミリ巾のコンタクトホイールというもので削ります。

ホローグラインド中の様子
resudai.JPG

刃側を上に向けて削っていきます。水の入ったバケツは熱で持っていられなくなるので冷却用です。
この時のブレードの形特に刃の始まる位置の立ち上がりはナイフの良し悪しを左右しますネ
気を入れて一気にやる作業です。
 
フラットグラインドも平面台にエンドレスペーパーをセットしたもので削る事もありますが
これはあまりやりません片側はよいのですが、もう片方がうまくいきませんので・・・

写真はフラット研磨の機械です
上の機械は立てて使うことがよくあります
heimen.JPG
heimen2.JPG


フラットはホローグラインドの後をヤスリで整形していくことが多いです。
ブレードの立ち上がりに焼きの入った金属を万力に一緒にはさみヤスリ掛けをしていきます。

刃の厚みを0.3mmほどのこして整形できたら焼きいれを待ちます。

刻印ネーム入れなどはこの時点で行います。


折り畳んだ状態の調整
ブレードを装着した状態で一度組んでみて、背の部分をフラットに削って、ライナーとロックバー&ブレードを折り畳んだ状態の調整時に確認しやすいようにしておく。

多少大きくしてあるキック部と回転部分に注意しながら折り畳む調整を行う。
マイナスしてしまうと、ジ・エンド!(ToT)/~~~です。
細心の注意で何度でもバラシて、組み立てては削ります。背の部分にも注意しながら、最後は水ペーパー400#で調整くらいの気持ちで調整します。
この折たたんだときのフラットがなんとも謂えずエエ〜もんなんです。(苦労が報われるぅ)
Kyonkarikumi.JPG

焼入れ (1〜2週間程戻ってこない)
ブレード・バネ受け&ロックバーを焼きいれに出します。
良く使うVG系ステンレス鋼は自前では出来ませんので。(白紙・青紙・V鋼などは自前)

ボルスター&ハンドルの取り付け
 焼入れに旅たっている間に、ボルスター&ハンドルの取り付けを行っておきます。
   
ボルスター両面の形を同じ形で作ったらライナーにボルスターの形状をケガキ、ボルスターを
片方づつバイスで留め2箇所ほど2.05oのドリルで固定箇所に穴あけ、ピンでカシメておいて、
ボルスターの回転軸穴をあけるのですがライナーは2枚一緒にし背金の穴にピンを通しておき、回転軸穴に2.9oの穴をあけて3.0oプラスリーマーを通します。
*(ボルスターをロー付けで留める方法もありますがピンを使用が多いです)

  (エンドボルスターがある場合も同じ要領です)

それができたら、ハンドルのセットです。
ボルスターとの間に隙間が出来ないように最後は耐水ペーパーで最終調整を行う位の気持ちで形を作っていきます。
形が整ったら、接着剤で固定します。(接着剤は2液性エポキシ接着剤5分タイプ&ウレタン弾性接着剤などがありますが、弾性のほうが温度の変化に強いようです、但し失敗すると外しにくい120℃まで剥がれません。)
あとはボルスターのセットと同じ要領で穴あけを行います。
(好みですが、ファイバースペーサーをはさむと隙間がわかりにくいですがカスタムメーカーはあまりはさまないそうですのでカスタムメーカーに近づきたい〜ので最近ははさみません)
その後、ハンドルの形を整えて、ピン穴のカシメ分を0.1oほど大きめのドリルでハンドルの表面から1〜2oほど穴を広げておきます。
これで、焼入れからの旅立ちを待つばかりですが、その前にライナーの内側を1000#位まで研磨しブレードの回転で擦れる部分をリューターで切削しておきます。(本職はボルスター&ハンドルを付ける前にフライスで削りますが)・・・欲しい〜フライス


ブレード・ロックバー&背金の研磨
焼入れから戻ってきたブレード・ロックバー&背金の研磨作業です。

ブレードはすでに400#まで掛けていますが、専用の治具に固定をして、フォローグラインドの場合、これもあらかじめ作っておいたブレードのフォローに合わせて木で作った治具に水ペーパーを装着しブレードと直角方向に下目が取れるまで研磨していきます。下目が取れたら800#>1000#>1200#>1500#>2000#と掛けていきます。
研磨方向は最後の2000#はブレード方向でもかまいません。
その後はまちまちですが、バフを掛ける人、ダイヤモンドペーストで12000#くらいまで磨きミラーにする人、ヘヤーライインを入れる人とさまざまです。
ロックバー&背金も内側&側面を1500#2000#と研磨します。
   追:120#&240#をしっかり掛けておくのが要領です。

組立&調整
さて組立の前に外形を整えます。
ブレードを起こした状態とたたんだ状態の出入りを最終調整をします。>入念に!
どちらもフラットになるように!本当に入念に
それが済みましたら、バネ受けのピン&ソングパイプには接着剤を付けて、
(ロックバー&回転軸ピンには接着剤は付けず)組み立てたピンを1.0mmほど出して切ります。
回転軸ピンはあまり長いと中で曲がってしまうそうです。
ブレード&ロックバーのピンと背金のあたりに0.05mmほどの板バネをはさみ、ピンをカシメますが、コツは、真上から叩くのではなくやや斜め上方から廻すようにやや強く叩いてカシメます。
このカシメはかなり、経験が必要かも?>器用な方はすぐ出来そう!
調子を見るときは必ず、オイルを注してみること!

外形の整形と仕上げ
組みあがりましたら、外形を整えます。
ライナーの中にティシュなどを詰めておき240#>400#>800#>1000#>1200#>1500#>2000#と整え、布バフを掛けて終わりですが
最近は最終は手で仕上げています。
カスタムメーカーはあまりバフを掛けないそうです。
掛けすぎるとラインがダレルそうです。

最後に、オイル等で汚れ、クズなどを取り除き完成です。
カッキ〜ン!

最終回でした。
posted by カズポン at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

あっしの体はズタボロ模様

あっしの体はズタボロ模様

昨日は去年の10月から続いている1週間に一度の
会社からお家まで前は17キロだとおもっていたが
どうも15キロほどだとおもう
帰宅難民想定&メタボ解消 テクテクの日でした
が、実は一昨日から
ピロリ菌除去の薬を飲み始めたのでした・・・
pirori1.JPG

所謂>禁酒7日間!!!!!!!!
kazuponにとっては清水の舞台なんて、低〜い と思える
難行です。
しっ!しかもこの暑さの中15キロを歩いた後
どのような状態か・・・・うううううううぇ〜ん
水とマミー(ヨーグルト模様の飲み物)でお食事でした
所謂ズタボロkazuponなのです
しかも歯医者通いぃ・・・

しかしながら
テクテク途中の
小さい秋楽しみながらのクリクリ パチリ!
kuri.JPG

kuri2.JPG

途中の春日井方面を望み今から渡る橋ですぅ パチリ!
hasi.JPG

でも去年半分塗った手摺なのですが
今年も8月なのに半分は放置状態なんです・・・・国土交通省さん〜
ガンバッテ〜落ちちゃうヨ〜  橋!
hasi2.JPG
posted by カズポン at 08:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

お誕生日のプレゼント

お誕生日のプレゼントいただいちゃいました

Kyonさま
ありがとうぅ〜
KIYAの刃物はよ〜く 切れます!
kiya.jpg

プロ並みのお写真までどもう〜
syasin.jpg
posted by カズポン at 08:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

福岡からの贈り物です(*^_^*)

地ビール(ブルーマスター) !
CABOS&HONEYはなかなか 夏向き さっぱり味!
しかも なかなか 飲みやすく
女性陣(嫁・娘)には すこぶる好評ぅ〜

有難うございました。(*^_^*)
セット.JPG

エダマメ.JPG

さっそく枝豆ですがなぁ〜(^_-)-☆
posted by カズポン at 17:22| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

キノコが豊富そうな白山の麓へ

8月12日にキノコが豊富そうな白山の麓へ
秋の本格キノコシーズンへ向けてチェックに行ってきました
落石の起きそうなクネクネ道を30分ほど行くと
なるほど!
ブナの木・栃の木など巨木の地!
すばらしい場所です
その奥にはエメラルドグリーンの湖(ダム)
なんでも温泉成分が流れ込んでいるらしく、そのせいで
エメラルドグリーン色らしい
白水湖2.JPG

その湖畔に立つロッジで
すみませ〜ん
kazupon。生ビールありますかぁ〜

小屋主>ありますよ
kazupon>そう〜  じゃぁ2杯ネ〜

kazupon>ところで、このあたりはキノコなんてでるのでしょうネ
小屋主>出ますよ・・・・(なんともそっけない)
    でも、とっちゃいけませんヨ!
    このあたりは国定公園なので、山菜やども採っちゃいけません
    (となんともそっけない)
kazupon>そうですか・・・それは残念(一応言っているだけなので は)
    そうですよね。国定公園内はいけませんよね!(一応)
ロッジ.JPG

そのロッジ
この左手に露天風呂がある
が・・・見えない
posted by カズポン at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ついに単独でキノコといわれるキノコGet

地元のお山でGet!
ついにGet!

ヤマドリタケモドキ>ポルチーニなどとも言われるそうな

何処にあるか 解りますかぁ〜
yamador1.JPG

キノコらしいキノコですネ(^_-)-☆
yamadori2.JPG

それにチチタケも
tititake1.JPG

tititake2.JPG

嬉しくて・・・
サッサと・・・喰っちまいました(^^ゞ
写真ナシぃ〜
posted by カズポン at 08:53| Comment(10) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

お盆のお休みに作るナイフ

お盆のお休みは結構時間があるが、工房はお休み(~_~;)
其の間に作るナイフを昨日は切り出してきた
ターボーさんに教えていただいたフォールディングの焼きいれは
まだ、上がってきていなくて、Gサカイの専務が送ってくれるそうです
(^_-)-☆

汗かいて・・・・作るぞぅ〜

ちなみに、10月の刃物祭りのクラブ主催のナイフコンテストの課題は
『肥後の守タイプのナイフ』です
ひとつ、ライナーロックの肥後の守タイプでも・・・と考えています
が、その前に 肥後の守でも作っとこうぅ〜

kiridasi.JPG

kiridasi2.JPG

昨日はカスタムメーカーの桜井さんがみえていて
先日島田さんがCPM−30なる鋼材で作った大型ナイフで
角材を叩ききっていたけど、全然へたらない!って
言っていました・・・
気になる鋼材です。>へたらない分研ぎにくいそうですが今度仕入れてお試し〜です。(^_-)-☆
posted by カズポン at 08:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ベルト出来上がり

ベルト出来上がりましたが・・・
あっしは、あまりというか
ほとんどジーンズは穿かない男でした(^^ゞ

其の昔・・・
kazuponがまだバイクに乗ってジーンズの上下を着て
バリバリやっていた頃
ジェームスディーンのようなお尻に憧れて・・・・
でもあっしは、どちらかといわなくても
柔道一直線タイプの体系 "^_^"
似合わないのを自覚しました・・・・。
それ以来・・・ダブ綿パン

ジーンズ買うかぁ〜

beruto1.JPG

ura.JPG

concyo.JPG
posted by カズポン at 07:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。