にほんブログ村 アウトドアブログへポチッっと宜しく!

2007年07月31日

クラブでのレザークラフト教室

ナイフではシースといってナイフの鞘&ケースを革で作る事が多いのです
やはり革の扱い方が上手下手でせっかくのナイフも
格落ち・・・ではつまらないですよネ〜(それほどのナイフでもないが)(^_-)-☆

ということでクラブでのレザークラフト教室でkazuponは
ベルト作りに挑戦しました

結構うまく出来るものですネ〜
ナイフ作りと同じに、楽しく時間が過ぎていきます。

物作りは楽しいです〜

レザークラフト受講風景
右の開いている場所がkazuponの製作中の場所で〜す
koukei.JPG

製作中
seisaku.JPG

皆の作品
1日ではなかなか出来上がりまではいかないのですが
ここまででも十分です
右側がkazupon作のベルトで〜す
sakuhin1.JPG

誰だぁ〜 kazuponのベルトに手を出す奴は!!
posted by カズポン at 08:10| Comment(6) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

完成Kyon Knife

日曜日はレザークラフト教室で
kazuponはベルトを作っていましたが(未完成後日報告)

フローリスト タイプ Kyon Knife
はできました
コラボでのケースはいかがぁ〜
ネームプレートは付属品にしましたが
電話付き携帯カメラにでもつけたほうがエエかもぅ〜っちょっとしつこい感じなのです

しかも・・・少し・・・ピンクピンクしちゃいましたネェ〜

・・・・・・さんとはおおいに違いまして
女性へのイメージが貧困でありまして(無骨者とも自分で言う)・・・(^^ゞ

Kyon完成a.JPG

ネームPL
namePL.JPG
posted by カズポン at 12:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

このお休みで仕上げようかなぁ〜

ケースが出来上がり
さあてと・・・!このお休みで仕上げようかなぁ〜

いかがぁ〜 このケース(*^^)v
Kyon0727a.jpg

Kyon0727b.jpg

Kyon0727c.jpg
posted by カズポン at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『世界が100人の村だったら』

黒ウサギさんの
「野山とバイクと釣りと戯言」ブログで

『世界が100人の村だったら』を見てしまいました。
キリスト教徒でもありませんが

全世界を人口100人の村に縮小して考えた場合のはなしですが

いまさらながら目の当たりにすると>『うっ!』ってぇ感じです。

こちらから>入れます
posted by カズポン at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

こんな奴食べられる訳ないでしょう・・が!

先日見つけたキノコです
こんな奴食べられる訳ないでしょう・・が!・・・

・・・と
思いきや!
ちゃ〜ぁんとお名前がありました

この柄の気持ち悪さ>ヌルッ!としているしぃ〜

seitakaiguti1.JPG

でも
図鑑で調べると>美味しいキノコらしい
あそこに・・・・出るぞ! マイ頭コンに入力完了ぅ!

seitakaiguti.JPG

seitakaiguti2.JPG
posted by カズポン at 07:52| Comment(4) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

まあ〜よくも雨の中を富士山に登ろうとするものです(2)

午前1時
さて!
8合目をめざすかぁ〜
でも・・・なんだか・・・やはり・
いつもと違う3000mから上の未知との遭遇・・・
くっ!苦しい・・・
胃の辺りがなんだか・・おかしい!
>高山病のはしり?!
小さい足取りで一歩づつ上がっているのだが
やはり苦しくなる
圧縮空気をシュゥゥーとやってみる(初体験)
なんか・・・気持ちエエデェ〜
シュゥゥー(*^^)v

そうこうしているうちに8合目(午前2時半)
っと!なじゃぁ〜
yosidaguti.JPG

この光の数珠状態は!!(@_@;)
吉田口からの登山道
しかも・・・どうもガイドらしき3色ランプが先頭に!!
大渋滞の序章・・・。

本当に!ここからの行程は4〜5歩歩き立ち止まり・・・
のくりかえし>高山病 発症のkazupon&お疲れ気味の連れには
丁度エエ感じだったかも(^^ゞ

っと4時20分やっと頂上(剣が峰3776mではありません)に到着ぅ〜
tyoujyoude.JPG
霧雨の中のお疲れ男〜フイィィィ〜

雲海の上からの御来光
このために登ってきたのかいなぁ〜(感無量)(T_T)
goraikou.JPG

上でコヒー&カップラーメンでもと
2Lの水&バーナーセットを持ち運んだのだが・・・
・・・ラーメン売っている!!・・・・
たのもうか!っと連れ・・
しかも弁当も持っている・・・(2食付小屋なのです)
頂上でラーメンライス(^^ゞ  しかも味噌味ぃ〜

散策をし、5時半頃に下山開始
っと須走登山道を眺めると・・・
おんやっ!
大の渋滞横眺めぇ〜
jyutai.JPG

これが須走ぃ〜
親指足の爪2枚剥がした・・・須走ぃ〜
subasiri.JPG

降りてくるとイグチ キノコ
富士山はキノコの宝庫らしい
igutifuji.JPG

っと五合目の東富士山荘でキノコ蕎麦を食べながら
秋はキノコ出るでしょうね〜と聞いてみる

そこらじゅうで出ているよ
新六合目あたりはすごくあるよ!採って来たらみてあげるヨ!
のお言葉!
むふふふふふふふふ!

二度美味しいぃ富士山!

で絞め!〆




posted by カズポン at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

まあ〜よくも雨の中を富士山に登ろうとするものです

須走口って東斜面から
富士山に登ってきました
一度はお山が好きなら、登ってみようと思っていましたが
連れがいないとなかなか行動しないkazupon (^^ゞ

やっと登ろう!って御方に行き当たり(=^・^=)
御来光を拝みに21日22日と行って来ました

21日朝は名古屋は雨・・・
途中も雨!・・・着いたら雨は降っていないぃ〜
あっしと色々なところに一緒に行く方は
俺って!私って!晴れ男・晴れ女!!>>>ぬぁ〜んておっしゃるが
・・・実はあっしが!晴れ男ぅ〜(*^^)v

連れも何事もなくとお参りして・・・さあ〜いくべ〜
omairi.JPG

5合目の少し上
まだ緑ぃ〜 爽快感を味わいながらの序章ですなぅ〜
noborikuti.JPG

たしか・・・芍薬?だったけか・・・しゃくなげ だったけか・・・
富士では今でも咲いている(@_@)
syakuyaku.JPG

何故だか・・・6合目は鯉なのですネ〜
青空になっているし お似合いね〜鯉幟
koi.JPG

ぐうたら山登りは・・・
7合目でお泊りぃ〜 (^^ゞ しかも350mlを4本づつ・・・
午前0時に再スタートで頂上を目指します
sin6goume.JPG

山小屋ではまことに寝れない・・・連れの鼾は新幹線のガード下
しかも暑くて寝袋には入っていられない・・・ぃ
寝不足だが・・・なんとか午前零時から1時間!
本7合でパチリぃ〜
hon7gou.JPG

おっと!仕事せねば(^^ゞ
またまた・・・次号へ・・・
posted by カズポン at 13:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

フォールディングナイフ製作シリーズ第四話

あっし(kazupon)のフォールディングナイフ(ロックバックナイフ)の製作の要領を
UPしてみようと、思い立ちましたが・・・
本当にあっしのような者が公共の面前でこのような正式でないかも知れないようなことを、書いていいのだろうか!?
・・・とは思いましたが、まあ〜 間違いがあれば素人の戯言だと思いお許しあれぇ〜と同時に何かの参考になる方がおられればいいかなぁと思いUPしますぅ〜
m(__)m


部材へのケガキ

 さて材料が決まったら、部材へのケガキです。
鋼材はあらかじめ、ケガキ線がわかりやすいように青ニスを吹き付けておいたものにケガキます。
ピンの位置も正確にポンチで打っておきます。
(あっしの場合は図面をそのまま切り抜いて貼り付けてしまいます)(^_-)-☆

次に部材の切り出しと整形です
部材の切り出しはコンターというエンドレス金鋸を使って切り出しますが、
このときに注意しなければいけないのは(自分の今までの失敗)
部材をそのまま切っていくと、金鋸の刃が上から下へと切っていくのですが部材の切り口が下側へめくれて歪みが出てしまいますので
薄い木の板と共に切ると解決します。

 ロックバーや背金はおおまかな形にしか切り出せませんので、あとはヤスリで整形ですが、この時点ではまだロック部分や噛合わされる部分は少し大きめにしておきます。
ライナーはあとでほとんど触らなくても良い位の精度で作っておきます。

穴あけ
 成型ができたら、穴あけです
ライナーは特に図面に忠実にあけなければいけません。
図面Kyon02説明.pdf

 上図の場合回転軸のピンは2.5oでロックバー&背金も2oです。ソングホールは5oのパイプを入れますが、ライナーを2枚重ねてクランプかバイスでずれないように固定して、まず1.9oのドリルで回転軸以外すべてのポンチマークに合わせて穴を開けます

次にソングホールを4.9oのドリルで穴を開けます。
そしてロックバー&バネ受けの穴に2oプラスのハンドリーマーを通して2oのピンを通し、最後にソングホールに5oプラスのハンドリーマーを通します。
これが、基準となるライナーですが、もう一度ピンを外し穴の両面に面取りをしておきます。
次にブレードは2.4mmで2.5mm(サムピースはお好みですがネイルマークの場合でもこの時点で作ります)&ロックバー&バネ受けにも2oの穴を同じ要領で開けます。
   *注:まだこの時点ではライナーのブレード回転軸穴はあけません。

仮組みと噛合わせ 背金&ロックバーを2枚合わせたライナーに仮組しながら、背金とロックバーのすり合わせをヤスリでギリギリの調整をし、次にブレードとロックバーの噛み合せをヤスリで調整する
図面Kyon02説明2.pdf
仮組状況
Kyonkarikumi.JPG
上の図の部分にガタが出ないように図面と照らし合わせブレードのポイント位置3点に注意しながら細心のヤスリ調整を行い、全体のバランスを見る。(この時点のガタは最後に仕上がったときにもガタが出ます)
又このロック部分の削り方でブレードポイントの位置が微妙に変わりデザインしたものと違うものになるので要注意です。
位置が決まったこの時点でライナー側にブレード回転軸穴を開けますが要領は先ほどの穴あけの要領です。
特にポイントが上がってしまうと見苦しいナイフに変貌です。
最後は水ペーパー400#くらいで調整しておきます。

最近教えていただいた事を少し!!
図面Kyon02説明3.pdf
上の図はターボーさんのブログでジェスホーンのナイフを分解されているのをみて
自作ピンでブレード部とボルスター部でピンの太さを変えてあることを知りました。
なるほど!
です。確かにブレード厚を0.05oほど薄くしておけばライナーと干渉しにくくなるはずです。
そこのコメントにも書いていましたが、パイプを利用するのが手っ取り早そうです
外径4o内径3oだと間に合いそうです。長さ2.3mmきっちりに切断するのがやっかいそうですが・・・・。

以下次回へ続く
posted by カズポン at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

15日の入鹿池の見えるお山でキノコチェック

台風4号は、名古屋ではそれほどたいしたこともなく
自宅でシコシコとナイフを作っていたのですけど・・・

台風はスッーと遠ざかり
午後からは晴れ間が・・・・

っと!ジッとしておれないkazupon
んんぅ〜
気になっているお山!小牧のあのお山!
先週は会社から自宅へのテクテク歩きもしていないし

行ってみようぅ〜

車で10分!で到着ぅ〜
着いたときは2台の車がいるのみ

さっそくカメラを首から下げてテクテクで・・・すぐに
????キノコ郡 発見ん〜
gunnsei.JPG

これです・・・沢山出ているが写真のみ(^_^;)
iguti.JPG

いい景色ですが暑い
irukaike.JPG

・・・で今回”食”の
多分>オニイグチかモドキ(^^ゞ  と思う。
味噌汁で頂きました・・・一人だけで・・・(嫁さん遠慮)
oni3.JPG

0niigutimodoki1.JPG

siru.JPG
当家は田舎味噌

美味しいのに・・・食べないのぅ〜

美味しいのになぁ〜

本当に!!

でも>御遠慮 生命保険独り占め・・嘘!嘘!


posted by カズポン at 08:11| Comment(6) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

台風かと思えば地震まで

台風かと思えば地震まで!

被災の皆様 気を取り直してがんばってください!
こんな事を書くくらいしかできませんが 復興を祈っております。
posted by カズポン at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

キノコ山歩き 続編

マメダンゴは結構採れて
他のキノコはというと
なんといっても コレッ!

そう!かの有名なヤマドリタケモドキ!!です おいしいキノコ!
3本ほどありました。
一人で行って同定できるのでしょうか・・・・(@_@;)
7yamadoritakemodoki1.JPG

カバイロツルタケ
これは>えっ!食べられるのですか!って感じ(名前もツルタケ)
採って、ツチグリと一緒に入れておいたら・・・・
Viridian Forestさんに笑われちまいました(^^ゞ
泥だらけになっているじゃないですか!
新聞紙をいただき、詰め替えです。
ヤマドリタケモドキと一緒に油炒めでいただきましたが・・・
味も形もよくわかりませんでした。(^^ゞ 結構モロイです
7kabairoturu.JPG

7nanjyamonjya.JPG

凄いのは
次のコテングタケモドキ>毒★2のキノコ
Viridian Forestさん1本食べたそうです。(試食と言うそうな)
驚きです!
詳しくはViridian Forest
7kotengutakemodoki.JPG

7kotengu2.JPG

そのViridian Forestさん
イグサの採取マッ最中の図
7Forest2.JPG

写真撮って足元に、なにやら食べられそうなキノコ
でも止めときました(^^ゞ
7nanjya.JPG

又今回いろいろ勉強になりました。
Viridian Forestさん 有難うございました。

posted by カズポン at 08:08| Comment(5) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

花を愛でる心もある

花を愛でる心もあります
kazupon

本当に綺麗ですネ!蓮の花
7hasupink.JPG

ここはちっちゃな白色蓮の花もあります
hasusiro.JPG


7zenkei.JPG

日曜日の朝早くですが結構写真愛好家がお見えでした。
posted by カズポン at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

Kyon knife余り進んでないが

キノコやらなにやら、気がふらついて・・・・

Kyon knife余り進んでないが
部品だけは揃えて、さてぇ〜

仕上げにかかるかぁ〜(=^・・^=)
Kyon0711.JPG
posted by カズポン at 08:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

マメダンゴGet 山歩き

ブログ友の(呼ばせていただいてます)Viridian Forestさんと
8日にマメダンゴGetお山歩きしてきました。
Viridian Forestさん!毎回貴重な場所をお教えいただいて
有難うございます。

ところで、マメダンゴGetは
まったく凄いのです!(@_@;)
Viridian Forestさん!!
なんともいやはや・・・道の脇の斜面を木の棒でコリコリガリガリ・・

コロンッ!コロンッ!
魔法ですね!!
場所を知っていなければ、無理です!マメダンゴ(本名ツチグリ)
1個出てくると其の廻りに2〜3個くらいは出てきます。

楽しいけど!結構根気がいりますヨ〜

これがマメダンゴです
7mamedango1.JPG

何処にマメダンゴあるか・・・判りますかぁ〜
7mamedango2.JPG

廻りに2〜3個出てきます
7mamedango3.JPG

去年の残骸!
実はこれのあるところを探すのがテクみたいですネ
7mamedango4.JPG

採ってきた半分はグレバが真っ黒でだめでした
時期が少し遅くなりつつあったのかもです
油炒めで、コショウや香辛料を入れて>っしまった!
味がわからなくなるじゃんかぁ〜(@_@;)
でも、食感はコリコリムニュムニュでいい感じでした。
反省(^^ゞ >>味は薄めで味わう事
7mamedango5.JPG

このほかキノコの話は・・・・
次回に持ち越しぃ〜

おまけ(食べていません)
7gero.JPG
posted by カズポン at 08:09| Comment(6) | TrackBack(0) | キノコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

あっしは、いい人

さっそくやってみましたぞbacchusさん

とても いい人みたいです(*^^)v

かず.gif

ひらがな>本名・・・だけで 脳内検索〜
posted by カズポン at 12:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

宣伝するからメーカーさん。も1本

宣伝するからメーカーさん。も 1本 ちょ!(名古屋弁)

去年買って帰り今度行ったら必ず買うぞ!の この1本
長野自動車道、豊田飯綱IC出てすぐの道の駅で購入の
”どむろく”

これは>旨い kazupon的には 嗜好品
お米の醸す味わいは甘さと酸っぱさが いい加減(良い加減)

すでにカラッポ・・・
残るは写真のみ(^^ゞ
nama1.JPG

nama2.JPG

nama3.JPG

posted by カズポン at 08:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

第三話・材料の選定について 其の2 です

あっし(kazupon)のフォールディングナイフ(ロックバックナイフ)の製作の要領をUPしてみようと、思い立ちましたが・・・
本当にあっしのような者が公共の面前でこのような正式でないかも知れないようなことを、書いていいのだろうか!?
・・・とは思いましたが、まあ〜 間違いがあれば素人の戯言だと思いお許しあれぇ〜と同時に何かの参考になる方がおられればいいかなぁと思いUPしますぅ〜
m(__)m


材料の選定 其の2 ハンドル材です

handoruzai1.JPG

ハンドル材はまったく各自の好みの材料ですが、どのようなものがあるかというと

良く使うもので(私の場合)
サンバースタッグ(インド鹿の角)
sutagu.JPG

・ 白蝶貝 これを切り取って使います(本職の方はもっときれいに整形されたものを使いますが)
hakutyou.JPG
・ 黒蝶貝 (本職の方はもっときれいに整形されたものを使いますが)
kokutyou.JPG

・ アイボリー(象牙)
aibori.JPG

・ ボーン(牛の骨) 着色したもの
boon.JPG
・ デザートアイアンウッド  よく判りにくいですネ(高級です)
aiannwood.JPG

・ スネークウッド まだら模様判ります? これも(高級です)
suneik.JPG


・ エボニー(黒柿) 黒檀ともいうそうです
eboni.JPG

・ ブライヤー
buraia.JPG

・ハニーボーン
hnyboon.JPG

この他写真はありませんが ココボロ・水牛の角・和鹿の角やグラスファイバー・マイカルタ類などなどですが、
天然素材は経年変化や気象変化がおきやすいのですが、天然素材の持つ味わいは又格別ですネ。

このような物を集めてはこの中からなるべく良いものを
選んで使用しております。

結構クラブに入らなければ知りえもしないような物ばかりで
集めるのも苦労しそうですがネ〜
何故だか・・・集まってきます。(^_-)-☆






posted by カズポン at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ナイフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

半夏生報告ぅ〜

定番の酢の物(kazuponファームのキュウちゃん)
takosu.JPG
これまた定番のたこ刺し
takosasi.JPG

忘れてならない日本酒 1本
この日のためにのようなこの1本
先日の新潟アウトランドのリトル村長さんよりの
お土産の貴重品!
無糖の”どぶろく” で半夏生ぅ〜
mutou1.JPG

mutou2.JPG

どんタコ酢ったらどんタコ酢〜 なんのことやら・・・・。
posted by カズポン at 08:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

ちっちゃな幸せ

朝早くの公園をアポロと・・・
本当に・・・ちっちゃな幸せです

aporo07.JPG

ここのヤマモモでかいぃ〜
1個っちょうだいネ〜>パクッ!
甘いぃ〜旨いぃ〜(*^^)v
食べたのはもっと熟した物ですヨ〜
yamamomo07.JPG

朝は朝がお
asagao07.JPG
posted by カズポン at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。